« 安曇野で・・・ | トップページ | 兄弟(姉妹)弟子 »

2018年5月 7日 (月)

和紙エッグって

そだねぇ~ 4月はイースターだよねぇ~

なんて、もう5月なのに、まだそれですか~ 

安曇野でイースターエッグを沢山みて家に戻り、胸の奥の方で・・・タマゴねぇ~たまご・・・
タマゴだよねぇ~ 
我が家のリビングのテーブルの上にも「和紙エッグ」なるものが沢山置いてある。

Img_5748

イースターだから、という訳じゃなく、昔 日本語を いろんな国の人に教えていた時、和紙エッグの作り方を逆に教えてもらった。

で、安曇野で見てから、タマゴ~と思いながら、胸の奥のほうでムズムズしていた事がflair
わかった。

納戸に行って・・・たしか・・・この箱。

そう、「和紙エッグの型紙」

ムズムズはこれだった・・・

Img_5749この和紙エッグを作るためには、卵の殻が必要で

Img_5752そのためには、まず、タマゴの中身をきれいに出さなくちゃいけない!

Img_5742タマゴの上と・・・

Img_5743下に、小さな穴を開けて・・・
片方の穴から、息を入れて吹きながら中身を出す、これが根気の要る作業で、朝の忙しい時になんか絶対出来ない。 

目まいがして来るほどにゆっくり静かに吹いて、中身を出す。

で、中身が全部きれいに出たら、殻の中をよく洗って干しておく。

で、乾いてきれいになったタマゴを、さっきの、裏にしっかりノリを付けた型紙でくるむ

Img_5750すると、何事もなかったかのように穴はしっかり隠れて、和紙でぐるりと綺麗に巻かれた
和紙エッグができあがる。

ノリが乾いたら、ブラシで透明のラッカーをぬって、それが乾いたら・・・

Img_5691
和紙エッグの出来上がり。Img_5688
よかった!

胸の奥のムズムズなくなりました!

|

« 安曇野で・・・ | トップページ | 兄弟(姉妹)弟子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288138/73438767

この記事へのトラックバック一覧です: 和紙エッグって:

« 安曇野で・・・ | トップページ | 兄弟(姉妹)弟子 »