« 充実度高し! | トップページ | 講座のあと・・・ »

2016年11月17日 (木)

正倉院展へ

ここ数年、秋 この時期にご縁をいただき、奈良・京都、今年は思わず近江八幡まで・・・足をのばしてきた。

奈良は東大寺の近くにある宝庫「正倉院」・・・聖武天皇ゆかりの守り伝えられてきた宝物が「正倉院展」として、奈良国立博物館で展示される。

今回とても楽しみだったのは正倉院展のチラシ?にもなっている

Img_3618
漆胡瓶といわれる水差し。
高さ40センチくらいの鳥の頭のような注ぎ口にほどよいハリのある胴体のペルシャ風の水差し・・・。
いったい昔の人はこんな素晴らしい宝物をどんなふうに作っていったのかと・・・あいにく、正倉院展は、人が多くて、多すぎて、ゆっくり留まって見ることが出来ないけれど、時間があってゆっくり見られたら、この水差しの前にじっと留まって・・・というか、他にも・・・屏風や、鈴、太刀、櫛・・・笙、大幡といわれる華やかな織物・・・金銀象牙で細工された数々の宝物の前では、いったいどんな時間を費やして、どんな人々が高い技術を駆使して・・・と
気の遠くなるような思いにかられる。

こんな時代の貴族の前でマイクを持ったら~sweat01・・・そなたは・・・???なんて、catfacesweat02
まぁ、冗談はとにかく、毎年、行くたびに 学生時代に もっと歴史に興味をもっていたなら?
と思う。

Img_3608お馴染みの近鉄奈良線に乗って
Img_3613博物館の側から、東大寺方面を・・・
奈良公園の辺りには鹿が自由にお散歩を・・・この家々の向こうに東大寺があるんだぁ~と
最初に訪ねたことも思い出す。松の木の間、遠くに東大寺さんの屋根がeyesign04
Img_3621今年も会えたね~
後方・・・池の向こうには奈良国立博物館の新館。 正倉院展に入る長い長い長~い人の列が・・・見終わって出てくると・・・楽しかったぁ~sign02~???みたいに鹿が待っていて寄ってきます。
Img_3627思いがけなく暖かい日で、ソフトクリームなんか食べてると・・・
「あの・・・ソレなぁに???」みたいに人なつこく寄ってきますsweat01
ゴメンねsweat02これはあなたにはあげられない、毎年 誤食の事故で何頭もの鹿が犠牲になっている話をきくと、可愛いがる事とケジメのない行為とはしっかり分けてあげないといけない・・・と自分に言い聞かせる。Img_3620数年前から、奈良公園で始まった食の祭典。

有名なレストランシェフやミシュラン星付きの一流シェフの技術やアイデアの奈良食材のお料理を公園内、大きなテントの下で楽しめます。

今年初めて体験してみました~

Img_3628大きなキッチンカーでシェフの手元を見ながら・・・
Img_3621_2

トレーにはイタリアンが・・・
Img_3632いただきま~すconfidentheart02
Img_3628_2いろんなブースで奈良の農家の方々の声も聞けたり・・・
これはなかなか面白いイベントでしたsign02

仕事を忘れて楽しめた昼の部flair最高~scissors 奈良サイコ~lovelyでした!

|

« 充実度高し! | トップページ | 講座のあと・・・ »

コメント

京都。奈良。いいですね~maple娘が京都の大学だったので、年に数回は通って奈良や大阪神戸なども遊びに行ってます!でもこの食の祭典は知りませんでしたrestaurant機会があったらぜひ行ってみたいです!
発表会noteとっても楽しみですが、ちょっと不安・・でも、YOKO先生のJAZZを聞かせていただけるのが1番うれしいですheart04よろしくお願いします!
あ、サムタイムはやっぱり吉祥寺だったんですね~吉祥寺で学生時代と仕事もしていたり、そのころ通ったお店が今だ健在なのは本当に嬉しく懐かしかったです!!

投稿: はらひろみ | 2016年11月18日 (金) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288138/68471381

この記事へのトラックバック一覧です: 正倉院展へ:

« 充実度高し! | トップページ | 講座のあと・・・ »