« | トップページ | »

2013年2月 2日 (土)

三寒四温・・・なんて言葉を聞くと、ちょっぴり春が近い?ような気持ちになって来る・・・
実際の意味をきちんと知っている訳じゃないけど、夕べから降っていた雨の音も 気のせいか少し温かみさえ感じたような?

先月、ここ数年は恒例の行事のようになってきた関西行き(奈良・京都・大阪方面)
正倉院展や弘法さんの市、京の寺院等 も訪ねる中、ふと・・・先月入った京都、広隆寺さんのお庭で見たロウバイ?蠟梅の花を思い出した。

広隆寺というと弥勒菩薩さんがあまりにも有名だけれど、門を入って この時季ひとけの少ないお庭を見た時に本当に清々しく空気まで違うような印象を受けて感動したことを思い出している

Img_4059コートの要らない時季もいいかもしれないけど・・・冬の京都は 寺院などに入っても、お庭を含め、 深閑とした神々しいような雰囲気につつまれて・・・その昔、こんな場で修行されたりいろんな思いを抱えやって来た人たちの過ごした貴重な時に想いを添わせてもらえるようで・・・思わず背筋がピンとなる。

法隆寺独り占め!なんて言ったら お叱りをうけそうだけど・・・

Img_3903人・・・本当に居ません。 し~~~ん
Img_3913あまりにも有名な句。
「柿くえば~ 」・・・そういえば・・・周りに柿の木たくさんあったっけ・・・って・・・
そんな感想しか書けない私ってcatfacesweat01 
Img_3938夢殿。 離れて撮ったんだけど、離れ切れなくて?全部入りませんwobblyImg_3937頭の中、どこかで教科書を思い出してる・・・ぇえ~っと 聖徳太子の遺徳をを偲んで~
なんとも、神秘的な雰囲気も漂う空間・・。
Img_3957法隆寺さんの塀にそった道を歩きながら・・・
こんな近くに普通に住んでる人が居る・・・訊かれたら言ってみたい!
「何処に住んでるの?」 「ん? 法隆寺さんの隣!」














 

|

« | トップページ | »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288138/49127228

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »