« | トップページ | お茶の・・・ »

2011年9月30日 (金)

国の内外を問わず 旅番組はとても楽しいと思う。 仕事以外ではなかなか出かけることは無いけれど、それでも 「いいなぁ~いつか行ってみたいなぁ~」といろんな思いをいっぱいもらって、夢だけはお腹いっぱいに膨らんでいる。

ついこの前は火野しょうへい?の自転車旅で秋田、山形、青森~北海道・・・
行ったことのある場所、通った道、駅・・・が画面に出てくると・・・あぁ~あの時って・・・とかこの場所で、とか次から次にいろんな事が思い出されてくる。 当然番組で訪ねたすべての場所(回?)を見ていられた訳ではないから、「あっ、ここも出たんだ!」とちょっと悔しい思いも抱え込んだり(笑)

夕べはBSで、皿の上の物語?スペシャリテ?で 酒田の名店フレンチを取り上げるから!と
連絡をもらい先月行ってきた 秋田山形を思い出しながらその時間を楽しみにしていた。

酒田の町はまだ記憶に新しいので(無精者は記録をちゃんと整理しない!大の苦手!)
山居倉庫や旧鐙屋なんかが映像としてながれたり、海の夕日なんかが映し出されたらあっ、あっ、あ~~~もしか、とても良い場所ばっかり連れて行っていただけたんだ・・・と感謝、嬉しさ申し訳なさ、いろんな感情がいっぺんに・・・いただいた写真を改めて見直してみた。

Img_0666 山居倉庫が遊び場になってるこの子達って贅沢~ 昔ルーブル美術館に行ったとき
社会?美術?見学みたいにパリの子達が ふつーに淡々とモナリザの絵の前を通って行った、あの感じをナゼか思い出した。 右手の倉庫(米)に当たる陽射しと海風を少しでも和らげる為のケヤキ並木。 今でも使われているという米どころ庄内のシンボル的存在。

Img_0698 倉庫群の中にある船着場。 ここで荷揚げされたお米は・・・

Img_0691 こんな風に坂を通って上げられ、前に見える倉庫の中に・・・

Img_0682 ホラ!って、私が倉庫内に居るようなcoldsweats01・・・実は・・・これ米歴史資料館の案内の写真の
前!(笑) まるで倉庫の中で撮ったみたいでしょ?!

Img_0719 海に沈む夕日はあまりに美しく・・・・  って、写真は難しい・・・あの紅い色って
なんか、もっと紅かったようなcatface 

皿の上の物語って番組の主人公の親御さんがらみ?の酒田の名店フレンチ
Le pot-au-feu ル・ポットフーで美味しいものを沢山いただきました。

Img_0720 さてさて・・・ ふぅ~ん・・・ 美味しいもので太るんなら・・・いっか~!
それがいつもモンダイなのよね~happy02 ワインもいろいろ~

Img_0738 このお料理のコースの説明が載っている、いってみればメニュー?の裏・・・
このサラっとしたデッサンはジャン・コクトーのものですってソムリエの小松さんがお話して
下さいました。 

Img_0742 美味しかった~ 
最後の「うこっけいの卵の焼きプリン」、このクラシックな名前がいいでしょぅ?
ソムリエの小松さんの楽しい説明もメニューに書き添えてwine

明日は酒田の港に入っているという「北前船」を見学してみます。
あっ、本間家・本間美術館・旧鐙屋・・・薦めていただいた見どころはたくさん!
ホントに楽しみですheart02

|

« | トップページ | お茶の・・・ »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

あきさん、ブログをのぞいて頂き、ありがとうございます。 PCの調子が悪い?せいにしてちっとも更新しませんでした。いろんな方から その時感じたことなんかを日記のように書くだけでいいから・・・といわれながらも、なかなか続けることは難しいです(汗・・・)長野は楽しいひと時でした! 場所が思ったより響くので最初は少しビックリしましたが、曲と思い出は付いているものなんだなぁ~と、また改めて思いを深くしました。
あの日がきっかけで、上田にも伺わせていただきます、またどこかでお会いできたら楽しみです!

投稿: yoko. | 2012年3月27日 (火) 14時21分

今日はとても素敵な歌をありがとうございました。

昼間、ちょっと嫌なこともあり、なかなか笑顔が作れない私でしたが、大好きな歌ばかりで気持ちも少し軽くなり、
そして、とても勉強になりました。

かっこよかったです。
テネシーワルツは泣きそうでした。

投稿: あき。 | 2012年3月24日 (土) 00時07分

素敵な町並みと景色にYokoさんが、しっくり合って素敵ですね。いつか、行ってみようと思います。
昨夜は遠路お越しいただきまして誠にありがとうございました。たっぷりの楽しい時間でした。YokoさんのLIVEがますます好きになりました。そのときのデジスナップですが、もし、よろしければ、メールでお送りしたいと思います。アドレスをお知らせいただければ幸いです。
お体ご自愛いただき、深みのある歌声で、たくさんの人を癒してください。感謝いっぱいのLiveでした。

投稿: 舶来凡蔵 | 2011年12月17日 (土) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288138/42149788

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | お茶の・・・ »