« 雪が・・・ | トップページ | 東大寺 »

2010年12月 9日 (木)

奈良って・・・

「ねぇねぇねぇ~この中なに入ってるのぉ~」
可愛い鹿のお出迎えをいただいて・・・行ってきました 奈良。

Img_0243 ニュースではよく耳にしていた 正倉院展
昭和二十一年に始まり、奈良国立博物館での開催は数えて62回目にあたり、
東京国立博物館で開催された3回を含めれば65回目の開催にあたるそうです。
なんて、ふつーに書いちゃいましたけど・・・
それだけの展示物があるってスゴイことですよね。 

今にして思うと、あのダラ~と長かった学生時代、もうちょっと真面目に気を入れて
歴史の勉強しておけばよかったsweat02
正倉って呼ばれる倉庫?は奈良時代  国、郡、大寺院に建てられ、穀物他種々の財物
道具類が納められていたんですって・・・
現在我々が正倉院って呼んでいる校倉の建物は、東大寺に建てられたいくつかの正倉の一つが残ったもの・・・ 他の正倉院が長い歴史の中で全て失われたため、今の正倉院は
固有名詞として「正倉院」ってつかわれるようになったって・・・ 知らなかったぁ~
もしか先生教えて下さっていたのならゴメンなさい。 正倉院って最初から一つだけだと思っていました。

Img_0117 奈良の駅に着くと、正倉院展のチケットが駅構内で売られていました、
わぁ~良かった!と思いさっそく買い求めたところ
「はい、行ってらっしゃい!ただ今の待ち時間60分ですpaper・・・」
あっはい!どうも・・行ってきま~す
パンダもコアラも・・・希少な価値のあるものは静かに待って拝見させていただくのです。
Img_0108 よかったぁ~たとえ15分でも待つ時間が短くなれば・・・
こんな表示と共に列は少しづつ進んで行きます。 国民性ってあるんでしょうが・・・
つ先日?までニュースで流れていた中国の万博の様子とつい・・。 思わず日本人って 穏やかに列に従って静かに待てる民族?だなぁっと。   
以前天候の都合で、仕事の後電車に閉じ込められ?(降りたい方は都合で降りることもできましたが)雪を眺めながら10時間かかって家に帰りついた事がありましたけれど、
あの時も 皆静かに経過を聞きながら耐えました。 奈良、 真夏じゃなくて良かった!ホッでした。
博物館の中は撮影禁止なので、展示物のご紹介ができません、が
平城遷都千三百年にふさわしい宝物も多数出陳されていました。
しばし日常を離れ、華やかな天平の時代にさかのぼり静かな時をいただけた時間。
昔人の偉大さに頭がさがりました。  (でも凡人の私・・・時の重さにいささか疲れが・・・)
Img_0115 列の途中でいただいた新聞には「奈良・平城京と周辺ガイド」の記事が
博物館のお庭に期間限定でできたテントの下で・・・
ふぅ~ん、この近くには東大寺があるのねぇ・・えっ?歩いていける・・
じゃ、一息ついたところで行ってみましょうcafe

|

« 雪が・・・ | トップページ | 東大寺 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288138/38016408

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良って・・・:

« 雪が・・・ | トップページ | 東大寺 »